hidelog

iPhoneやAndroidでも使える充電不要な自撮り棒!イヤホンジャック接続タイプなら2000円以下で買えて大活躍

self_stick00今年から韓国を始めアジア圏でジワジワと人気が高まりつつある自撮り棒(セルカ棒)を手に入れました!友達との旅行や飲み会などのイベントには持ってこいだよな〜と思い購入したのですが、これはかなり活躍しそうです!

かなり使える自撮り棒

自撮り棒は大まかに分けて、「Bluetooth対応タイプ」と「セルフタイマータイプ」がありますが、今回僕が購入した自撮り棒は「イヤホンジャック接続タイプ」。

「セルフタイマータイプ」はカメラアプリのタイマー機能を使って撮影しますが、毎回タイマーをセットするのは面倒。そして「Bluetooth対応タイプ」はスマートフォンと自撮り棒をBluetooth接続し、スティックを握る部分のボタンでシャッターを切れるので非常に便利なのですが、価格が3000円以上する物が多く、また充電をしないといけないという部分がネック。

その点、今回購入した「イヤホンジャック接続タイプ」は価格が2000円以下で手元でシャッターが切れ、充電の必要もないのでまさに良い所どり!
毎回Bluetoothの接続をしなくて良いので、個人的には1番ベストなタイプでした。

今回購入したのはイケショップの自撮り棒

self_stick01僕が購入したのは10月下旬だったのですが、さっきAmazonを確認したら当時より価格が若干安くなり色も選べるようになっていました…!

self_stick02スティックの先端からケーブルが出ていて

self_stick03付けてみるとこんな感じ。
ケーブルは根元部分がカール状になっているので、たわみも無く撮影の邪魔にもなりません。
早速友人たちと集まる機会があったので使ってみました!

self_stick04こんな感じであたかも誰かにカメラを向けられた様に撮影していますが…

self_stick05実際は自撮り(笑)
12月にちょうど友人達を呼んでワイワイするイベントがあるのですが、こいつは大活躍してくれること間違いなし!

ちなみにスティックは伸縮式で45cmから最長で約95cmほどまで伸ばせます。
重量は約140gなので鞄に入れても苦にならず、棒を伸ばしていつもと違った角度で撮影するといった使い方も面白そうです。
(僕の友人は新婚旅行で旅行先の街並みと自分達を動画撮影して活用していました)

ホルダー部分はスプリング伸縮式で幅55mm~78mmまで。
self_stick06僕が所持しているのはiPhone5Sですが、iPhone4から最新のiPhone6Plusまで大丈夫です!Androidスマートフォンの事はあまり分からないのですが、Galaxy Noteシリーズなどの大型スマートフォンも対応しているとの事。

旅先でカメラ撮影を依頼する必要も無く、撮影した写真がブレてたりまばたきしちゃってても納得いくまで取り直せる点も良いですよね!
仲間内で1本あれば大活躍すること間違いなしですよ:)

H*

Comment on Facebook

Return Top