hidelog

フットサルより面白い!?7人制サッカー“ソサイチ”のススメ

フットサルより面白い!?7人制サッカー“ソサイチ”のススメ

フットサルとサッカーを足して2で割った様な競技“ソサイチ”ってご存知ですか?

ワールドカップの盛り上がりに合わせて「ちょっとサッカーやってみたいなー」という気持ちになってる方も多いと思いますが、サッカーは何かチームに所属したりしないと中々やる環境が無いのが現実。

そんな方にこそおすすめしたいのがソサイチなんです!

今日は、2011年からちょくちょく地元の友人達とソサイチの大会に参加し、日頃フットサルや社会人のサッカーチームに所属しそれぞれをプレーしている身として、“ソサイチ”の面白さをご紹介したいと思います。

そもそもソサイチって聞いたことあるけど、ちゃんと理解してないという方にソサイチの説明を。

ソサイチとは?

society01photo credit: R.H.Sumon™ via photopin cc

ソサイチは南米で発祥した「7人制、または8人制のサッカー」。
語源はポルトガル語の“society(ソサエティ)”で「集まり」や「社交場」という意味があります。
サッカー王国ブラジルではフットサル場と同じくらいソサイチ場があり、盛んにプレーされているという人気スポーツ!

人数もコートもフットサルとサッカーの間といった感じですが、ルールもそれぞれが合わさっています。

主なものだと

  • スローイン(サッカー)
  • 固定式スパイク可(サッカー)
  • 5号球(サッカー)
  • ゴールスロー(フットサル)
  • オフサイド無し(フットサル)
  • 交代自由(フットサル)

といった感じ。

ソサイチのここが面白い!

society02photo credit: Florian Christoph via photopin cc

ソサイチの面白さ、まずはフットサルより人数が増えたことでより戦術(フォーメーション)に違いが生み出せ、色々な戦い方が出来るということ!
フォーメーションについてはまた別途書ければと思いますが、3-2-1、3-3、2-2-2、まだまだありますがバリエーションが豊富。
メンバーによって戦い方を大きく変えることもでき、技術で劣る相手に対しても戦い方によって大きく勝利の可能性を上げることが出来ます。

そしてやっぱりダイナミックな展開が出来るという点!
フットサルコートが大体40m×20mなのに対して、ソサイチのコートは60m×40mと縦は1.5倍、横は2倍の大きさ。
ロングボールでカウンターを仕掛けたり、サイドチェンジにスルーパス。
スペースがあるのでドルブルが仕掛けやすかったり、ミドルシュートも効いてきます。(ゴールのサイズは小学生のゴールくらいあります)

ソサイチの大会なら“エフチャンネル”がおすすめ

society03.jpg僕はエフチャンネルという大会に2011年から出ています。
エフチャンネルは、東京/神奈川/埼玉/千葉、そして関西と幅広い地域で大会を運営してくれているのと、レベル毎にカテゴリー分けもされているので人数さえ揃えばすぐに参加することが出来ます。
エフチャンネルの大会もそうですが、本当にここ3〜4年でソサイチの大会が増えたなと感じます。
サッカーの人気が上がるに連れて需要も増えているんでしょうね。

面白さはやはりプレーした人にしか分からないと思うので、是非友達を誘って参加してみてください:)

H*

Comment on Facebook

Return Top